管内カメラで排水管トラブルの原因を特定! 最適な解決方法をご提案します!

出張費0円 神奈川・東京23区・多摩・千葉・埼玉料金表

トラブルの原因をピンポイントで特定できる! 排水桝(ます)や排水パイプ内を管内カメラで調査する事で、そのトラブルの原因特定をピンポイントで行います。配管を外したり、壁をはがしたり、穴を開けたりといった大掛かりな工事をしないので、部分修理(低予算)で済みます。 

管内カメラ調査

管内検査カメラはケーブルの先端にカメラを付け、排水管やプラントの配管など、モニターで観察する測定器です。

step1 REX社製管内カメラを使用して、排水管内のつまりの原因を探します step2 つまりがある場合は先に除去します。つまりがない場合は、高圧洗浄しながら、同時にカメラ調査を行います。 step3 異物を発見しました。つまりの原因は大きな尿石でした。 ※尿石は、尿に溶けているカルシウムイオンが濃縮および炭酸などと反応、カルシウム化合物として便器や配管の内部に付着・沈積したもの。 ※ 排水管の太さ(口径)によって管内カメラが入らない場合がございます。詳しくはお問合せください。

※ 排水管の太さ(口径)によって管内カメラが入らない場合がございます。詳しくはお問合せください。

こんな症状でお困りなら、管内カメラで解決しましょう!

排水の流れが悪く、他社に調査を依頼したが原因がわからない 排水管の清掃をしているのに、排水のつまりが治らない 排水管のつまりを直したばかりなのにまたすぐにつまる 排水桝から頻繁に汚水があふれてくる

管内カメラ調査

これまで当社で調査させていただきました事例の動画をご紹介させていただきます。ぜひお客様のトラブル解決のご参考にご覧ください。

【管内カメラ調査】
管内カメラ調査の動画をご紹介します

【マンション1Fテナントの管内カメラ調査】

【ゴミが詰まった排水管】

【排水管の底に固着した尿石】

【桝から入り込んだ砂泥】

【砂利でカメラが進まない】

【排水管が瓦礫で塞がっている】

施工ブログを見る
料金表 管内カメラ調査 調査基本料金 15M以内(1ヶ所)55000円より

※ 排水管内部がつまっている場合は調査はできません。事前に排水管内部を高圧洗浄機で清掃後の調査になります。
※ SDカード による報告書は別途30,000円~となります。


Copyright© Nihonhome. All Rights Reserved.