水漏れ・漏水・漏水調査・つまり・排水のトラブルなど水道のことでお悩みの方は水道工事指定工事店日本ホームへ的確に水道のトラブルを解決します [ 対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉 ]
お問い合わせフォーム
電話番号0120-56-5688
当社からのメッセージ
配管工事 給水管の交換工事ならご相談ください たびたび繰り返す漏水、他社の見積りが高額 神奈川・横浜・東京・多摩・千葉・埼玉
初めてのお客様へ 日本ホームが選ばれる理由 施工エリア 当社の施工実例集 GROHE MART GROHE MART施工ブログ 都筑区専用
取扱メーカー
  • TOTOメーカーリンク
  • LIXILメーカーリンク
  • KVKメーカーリンク
  • SANEIメーカーリンク
  • KAKUDAIメーカーリンク
  • GROHEメーカーリンク
  • takagiメーカーリンク
  • Panaconicメーカーリンク
  • クリナップメーカーリンク
  • Takara standardメーカーリンク
  • NORITZメーカーリンク
  • Rinnaiメーカーリンク
  • 三協アルミメーカーリンク
  • YKKapメーカーリンク
  • タキロンシーアイメーカーリンク
  • Maezakiメーカーリンク
  • アロン化成メーカーリンク
  • EBARAメーカーリンク
  • HITACHIメーカーリンク
  • TERALメーカーリンク
  • ツルミポンプメーカーリンク
  • 川本ポンプメーカーリンク
営業日カレンダー
土・日・祝休まず営業
8:00~18:00受付
(日曜日は15:00まで)
採用情報 工事協力店・下請さん大募集

給水管・給湯管の交換工事

給水管・給湯管を新しくしたい、交換したい等のお問合せがここ数年増えています。
水道管は、老朽化によって様々な問題が起こります。
その代表的なトラブルに、漏水があります。水道局の検針で、水漏れの疑いがあると言われた、水道料金がふだんの2倍になった、水道管から茶色や黒色のサビのような粉が出る、他業者の給水管交換工事の見積りが高かった等、たくさんのお問合せを頂いております。

日本ホームでは、漏水修理専門店として調査・工事を行うにあたり、施工が困難なケースや、既存の配管の老朽化、管種の耐用年数等の状況を考慮して、給水管の新設工事をご提案させていただくことがございます。

漏水トラブルの起きる場所 床下漏水 コンクリート下漏水 土の下の漏水

修理困難な漏水のケース

漏水箇所の管の老朽化がひどく、給水管の部分修理では 復旧が困難なケース

床や壁など構造物の工事が必要となるので、状況によって 内装の復旧や建物の修繕費用が高額になるケース

複数箇所の漏水が併発して、漏水調査や修理の費用が 不明確になるケース

漏水修理が困難な場合 ①給水管の老朽化がひどい→給水管の老朽化が進んでいると、部分的な修理では復旧が困難 ②壁中(床下)で漏水が起きている→床や壁を壊しての工事となるために、復旧に費用がかかる ③複数の場所で漏水が起きている→漏水調査費用、修理費用がいくらになるか分からない

宅内の給水管・給湯管の耐用年数

給水管とは水道メーターから各蛇口までの水道管のことを言います。
古くは鉛管、鉄管、塩ビ管が使用されますが、20~30年でサビや腐食、劣化による亀裂が入って水漏れすることが多く、一部の修理を行った後も別の箇所で水漏れが・・という場合も見られます。

給湯管とは給湯設備(ガス給湯器・電気温水器等)からお湯の出る蛇口までの水道管を言います。
高温に適した銅管、耐熱塩ビ管(HT管)などが使用され、水道と同様に20~30年でピンホールや継手の破損が見られます。

宅内の給水管・給湯管の耐用年数 鉛管 鉄管 塩ビ管(VP) 銅管 耐熱塩ビ管(HIT)

新設工事に使用する水道管・種類

物や使用環境に適した管種を選定し、お見積りいたします。露出配管となる場合や、壁に穴を開ける場合には位置などを丁寧にご説明いたします。
給水管は現在も塩ビ管(耐衝撃性硬質塩化ビニル管 HiVP)や、給湯管問わず使用できる架橋ポリエチレン管・ポリブデン管が主流です。

漏水修理で行うピンポイントの修繕工事とは異なり、水道管全体を新しくすることで別の箇所が原因による漏水再発のリスクや、それに伴う再調査の費用、建物へのダメージを抑えられ、将来的な維持費や資産価値にも繋がります。

まとまった工期、見積りをすることで、適正な料金での提示、リフォーム時にも生かせるよう配慮する等、漏水発生の際はぜひご検討ください。

塩ビ管(HiVP) 架橋ポリエチレン管 ポリブデン管

一般的な住宅の施工例

● 埋設部

【症状】
水道局検針で漏水を指摘され漏水調査、土中の埋設給水管から漏水
【施工】
コンクリートの地面を管路掘削し、水道メーター周りの埋設管を交換、止水弁を取付けて、モルタルで掘った管路を復旧します。
コンクリートの地面を管路掘削【コンクリートの地面を管路掘削】
モルタル復旧【モルタル復旧】
【症状】
水道局検針で漏水を指摘され漏水調査、給水管のピンホールから漏水
【施工】
給水管引き直し工事を行い、作業するために壊したタイルを復旧
タイル張りの地面を掘削、給水管引き直し【タイル張りの地面を掘削、給水管引き直し】
作業のために壊したタイルを復旧【作業のために壊したタイルを復旧】

● 宅内引き込み

【症状】
水道局検針で漏水を指摘され漏水調査、給湯管から漏水
【施工】
屋外の給湯器から露出配管を新設し、通気口から床下へ引き込み、 既設の床下配管と接続し、浴室水栓へ繋げました。
屋外の給湯器【屋外の給湯器】
通気口より、床下への引き込み【通気口より、床下への引き込み】
【症状】
水道局検針で漏水を指摘され漏水調査、床下給水管から漏水
【施工】
屋外の埋設給水管を、通気口から床下へ引き込み、床下に給水管を 這わせて、各水回り(キッチン・浴室・洗面・洗濯・トイレ)へ接 続します。
埋設給水管を通気口から床下へ引込み【埋設給水管を通気口から床下へ引込み】
保温材の取付け【保温材の取付け】
【症状】
築32年の戸建て、給湯管の経年劣化
【施工】
土を掘削し、新たに給湯器から埋設給湯管を作り埋戻します。その 先にキッチン室内へ繋がる露出給湯管を新設し、保温材を巻きます。
土を掘って経路を作成【土を掘って経路を作成】
埋設給湯管を作り埋め戻す【埋設給湯管を作り埋め戻す】
キッチン室内に繋げた露出給水管【キッチン室内に繋げた露出給水管】

● 屋外露出配管

【症状】
戸建てのお宅、床下給水管から漏水
【施工】
屋外の埋設給水管を床下に引き込み、床下に新しい給水管を這わせ、各水回り(キッチン・浴室・洗面・洗濯・トイレ)へ接続します。
構造上、床下からトイレへ回れなかったため、外部埋設配管より分岐し露出配管に変更。トイレ室内へ接続しました。
屋外の埋設給水管を分岐させ、露出配管を新設【屋外の埋設給水管を分岐させ、露出配管を新設】
壁に穴をあけ、トイレ室内に繋げた配管に保温材を取付け【壁に穴をあけ、トイレ室内に繋げた配管に保温材を取付け】
【症状】
階段の所で水漏れしているとのご相談、現場調査で床下給湯管 で漏水を発見。
【施工】
床下に給水管・給湯管を取り付け、各水回りの水栓に接続します。
床下に給水管・給湯管を新設【床下に給水管・給湯管を新設】
各水回りの水栓に接続【各水回りの水栓に接続】
【症状】
築27年の戸建てのお宅、給水管の老朽化による漏水
【施工】
玄関横、ガレージの壁面、給湯器周りに露出配管を新設し、各水回 り(キッチン・洗面・浴室・洗濯・トイレ)に接続します。屋外のため、配管に保温材を取付けて、施工完了です。
玄関横、露出給水管の取付け【玄関横、露出給水管の取付け】
埋設給湯管を作り埋め戻す【埋設給湯管を作り埋め戻す】

● 露出配管+リフォームカバーを使用

【症状】
戸建てのお宅、給湯器下の埋設管で漏水
【施工】
建物の構造上、既存の水栓が付いている壁の裏側には、新しい配管を 通すスペースが無いので、浴室の壁に露出配管を新設しました。 配管にリフォームカバーをかぶせて美観を整え、施工完了です。
施工前の浴室 構造上水栓の裏側には配管を通せない【施工前の浴室 構造上水栓の裏側には配管を通せない】
露出給水管にリフォームカバーを取付け、美観を整える【露出給水管にリフォームカバーを取付け、美観を整える】
【症状】
築32年の戸建てのお宅、給湯管が経年劣化している
【施工】
台所水栓の壁の裏側に配管を通すことが難しいので、屋外の給湯管 から台所に引き込んで露出給湯管を新設しました。 配管にリフォームカバーをかぶせて美観を整え、施工完了です。
屋外の露出給湯管から台所に引き込む【屋外の露出給湯管から台所に引き込む】
露出給湯管にリフォームカバーを取付け、美観を整える【露出給湯管にリフォームカバーを取付け、美観を整える】

給水管新設工事のご紹介

【築26年のマンション、給水・給湯管の新設工事】
  床と壁の最小限の開口で隠ぺい配管事例

(神奈川県海老名市上今泉)

【依頼内容】
「築26年のマンションで、老朽化してきた屋内給水管・給湯管を交換してほしい」との依頼をお受けしました。

【施工内容】
老朽化した給水管・給湯管を架橋ポリエチレン管に交換いたしました。
また、ご依頼により、便器と浴室混合水栓を交換し、台所シングルレバー水栓も交換いたしました。

通常は、壁等の外側に新設の配管を設置する露出配管にて行う事が多い給水・給湯管新設工事ですが、お客様のご要望により、床・壁の最小限の開口に抑えた隠ぺい配管にいたしました。

隠ぺい配管では、仕上がり後に室内の美観が損なわれません。壁や床下を新規の配管を通すためのスペースの問題や、工事費用の問題等がありますが、露出配管にしない工事が可能な場合もございます。詳しくはスタッフにお気軽にお問合せください。

① パイプシャフト内の給水・給湯管新設工事

パイプシャフト内の給水・給湯管新設工事
パイプシャフト内の給水・給湯管新設工事

玄関横にあるパイプシャフト内の壁面に、給水・給湯管を新設する為の穴をあけます。

パイプシャフト内の給水・給湯管新設工事
パイプシャフト内の給水・給湯管新設工事

シャフト内にあけた穴に架橋ポリエチレン管を通します。

パイプシャフト内の給水・給湯管新設工事
パイプシャフト内の給水・給湯管新設工事

架橋ポリエチレン管を通した穴の周りを埋めます。既存の不要となった管を取り外します。

パイプシャフト内の給水・給湯管新設工事
パイプシャフト内の給水・給湯管新設工事

取り外した既存の配管の穴を埋めて、パイプシャフト内の配管工事は完了です。

② トイレ内背面に点検口を開口、給水・給湯管を洗面、洗濯、台所に分岐させる

トイレ内背面に点検口を開口、給水・給湯管を洗面、洗濯、台所に分岐させる
トイレ内背面に点検口を開口、給水・給湯管を洗面、洗濯、台所に分岐させる
トイレ内背面に点検口を開口、給水・給湯管を洗面、洗濯、台所に分岐させる
トイレ内背面に点検口を開口、給水・給湯管を洗面、洗濯、台所に分岐させる

トイレ背面の壁に点検口を作り、点検口内で配管を洗面、洗濯、台所に分岐させる配管工事を行います。その後、点検口にフタをして、便器を取外し、フランジを交換します。新しい便器(ネオレストRH2W)を設置し、新設の給水管と接続して、トイレの工事は完了です。

③ ユニットバスの配管工事

ユニットバスの配管工事
ユニットバスの配管工事

ユニットバスの天井裏に配管を通し、天井の点検口から配管作業を行います。

ユニットバスの配管工事
ユニットバスの配管工事

浴室の混合水栓を交換し、給水管・給湯管を接続して浴室の工事は完了です。

④ 洗面の配管工事

洗面の配管工事
洗面の配管工事
洗面の配管工事
洗面の配管工事

洗面台下の床に点検口を作成し、給水・給湯管を引き込みます。洗面水栓と接続し、止水栓をつけて洗面の工事は完了です。

⑤ 洗濯機置き場の配管工事

洗濯機置き場の配管工事
洗濯機置き場の配管工事
洗濯機置き場の配管工事
洗濯機置き場の配管工事

洗濯パンを取り外します。浴室の床下に配管を通し、洗濯パン下の既存の点検口から給水管を引き込み、水栓と接続します。
洗濯機置き場の工事は完了です。

⑥ 台所の配管工事

台所の配管工事
台所の配管工事

台所のシンク下にある既存の点検口に給水・給湯管を引き込み、新しい台所水栓と接続します。台所水栓は、TOTOキッチン水栓・分岐付き(TKS05309J)に交換いたしました。これで台所の工事は完了です。

⑦ 水圧テスト

水圧テスト
水圧テスト

最後にパイプシャフト内の給水管を水圧テストでチェックします。異常がない事を確認して、今回の工事は施工終了となります。

【戸建て、漏水で給水管新設・水栓交換】
  調査・修理が困難だったため、屋外露出配管による新設工事

(東京都新宿区下落合)

【依頼内容】
「戸建ですが、水道局検針で漏水を指摘されました。洗面所近くで音がする気がしますが、わかりません。調査と修理のお見積りをお願いします」との依頼をお受けしました。

【施工内容】
2階の給水系統が建物床下に埋設されていて、調査・修理が困難だったため、屋外露出配管による新設工事をご案内。給水管を引き直し工事を行い、漏水は改善されました。

① 水道メーター横の埋設管新設

水道メーター横の埋設管新設

埋設給水管を一部交換し、露出配管につなげます。

② 2階キッチン水栓までの露出配管新設

ユニットバスの配管工事施工前
ユニットバスの配管工事施工後

露出配管で給水管を新設し、2階のキッチン水栓と、キッチン水栓用給湯器へ接続します。

③ 2階キッチンの水栓交換

2階キッチンの水栓交換
2階キッチンの水栓交換
2階キッチンの水栓交換
2階キッチンの水栓交換

新しい給水管を接続し、既設キッチン水栓を再取付いたしました。ただ、水栓レバー部より水漏れがあり、下げ吐水タイプの水栓(※1)でしたので水栓交換をおすすめし、新しいキッチン水栓 TOTO TKS05311J に交換いたしました。

④ 2階浴室水栓までの露出配管新設

2階浴室水栓までの露出配管新設施工前
2階浴室水栓までの露出配管新設施工後
2階浴室水栓までの露出配管新設
2階浴室水栓までの露出配管新設

露出配管で給水管を新設し、2階の浴室水栓と、浴室・洗面・洗濯水栓用給湯器へ接続します。

⑤ 2階浴室水栓交換

2階浴室水栓交換
2階浴室水栓交換

浴室水栓も上部より水漏れしていたため、水栓交換をご提案。 TOTO TMS20C へ交換いたしました。ただ、スパウト(吐水口)が170㎜では短かったため、300㎜のものに付け替えています。

⑥ ユニットバス点検口から天井裏へ

水道メーター横の埋設管新設

ユニットバス天井の点検口から天井裏で給水管を配管し、洗面・洗濯・トイレへ接続していきます。

⑦ 2階洗面所の洗濯水栓へ接続

2階洗面所の洗濯水栓へ接続
2階洗面所の洗濯水栓へ接続

洗面所の水栓が付いている壁の裏側は隣室となっているので、洗面所の壁側に露出配管を新設。洗濯水栓と洗面水栓へ接続しました。配管にリフォームカバーを取付けて、美観を整えます。

⑧ 2階トイレの止水栓へ接続

施工前施工前
給水管取付給水管取付
保温材取付保温材取付
施工後】施工後

天井から給水管を配管し、トイレの止水栓へ接続しました。

延べ30m弱にわたり給水管を新設。屋外露出配管については保温材を巻き付け、屋内についてはリフォームカバーでカバーリングをしています。水栓交換も給水工事と同時依頼でしたので特価でやらせていただきました。漏水が解消されたのを確認して施工完了です。

(※1)下げ吐水とは、水栓のレバーを下げると水が出る仕様のことで、昔は多くありました。ただ、物が落ちたりペットが触ってレバーが下がり水が出続けるなどの事例があったのと、阪神大震災の影響もあり、2000年4月に上げ吐水(レバーを上げると水が出る仕様)に統一されました。つまり、下げ吐水の水栓は20年以上前の水栓ということになります。メーカーの補修部品供給が終了し修理できない水栓もありますので、下げ吐水水栓をお使いで不具合を感じ始めたら、お早めに水栓交換されることをおすすめします。

排水・給水トラブルのご依頼の流れ

戸建からアパート、マンションまでご対応いたします。個人のお客様をはじめ、 住宅管理会社、オーナー様など法人のお客様からのご依頼も承っております。 排水マスの劣化、木の根が入っている、排水マスの陥没、汚水マス、雨水マス、 雑排水マス、下水マスの排水のトラブルがありましたらお気軽にお電話・メールで お問合せください。

お問い合わせフリーダイヤル0120-56-5688
お問い合わせフォーム
お問合せイメージ

① お問合せ

排水給水のトラブルでお困りの事がありましたら、どんな事で もお気軽にお電話またはメールでお問合せ下さい。

矢印
総合受付センターイメージ

② 総合受付センター

受付スタッフが排水トラブルの症状やご住所など詳しくお 伺いいたします。施工スタッフがお伺いする日程を調整い たします。

矢印
施工イメージ

③ 施工

修理内容とお見積り料金にお客様がご納得・ご了承い ただいた後に、修理・施工に着手いたします。施工日程が 別日となる場合は、改めて日程調整させていただきます。

矢印
施工完了イメージ

④ 施工完了

修理作業終了後、お客様とご一緒に施工内容をご確認 していただき、お支払手続きとなります。

Copyright(C) nihonhome all rightsreserved.